詳しい資料の請求番号一覧

資料請求ー01  汗抜きクリーニングの理論と実践

資料請求ー02  洗いの三要素について

資料請求ー03  AMG有馬義の化学製品について

資料請求ー04  投入機、加工機、販促品について

資料請求ー05  その他のご質問に関して

 

ご質問につきましては、大変お手数ですが、資料請求サイトのほうにご記入の上、お申し付けください。

ありがとうございました。  AMG有馬義。

 

メカニカルアクション MA値           

「メカニカルアクションMA値」

機械の洗浄効果はタタキ効果で表せます。このタタキ効果の強さ弱さを見る基準としてMA値(メカニカルアクション)があります。50センチ角の平織り綿白布を用い布の中心と四隅に直径35oの穴を5つ打ち抜いた試験布で洗濯物といっしょにワッシャーに入れて洗います。洗った後取り出してテスト布の丸い穴の淵の「ほつれ具合」を検証して機械のタタキ作用による衣類のダメージの目安をMA値として表しています。

 

ウエット洗いの実地テストでは、MA値が30〜40程度の押し洗いであれば収縮率が3%以下でフェルト化が起こらないという結果が出ました。MA値30以下であればMAテスト布の丸い穴のほつれ具合は殆んどなくまた衣類のダメージもなく安心して洗えるという事です。

 

一方家庭洗濯の場合では、標準洗いでMA値が50以上となり洗浄力はいいのですが、シルクやウール等の衣類にダメージを与えてしまうと報告されています。業務用の水洗機も同様に標準洗いで50以上の結果てす。

 

MA値30以下の洗いでは機械のタタキ効果が殆んど発揮されていないので洗浄力が上りません。縮まないけど汚れ落ちが悪い。

機械作用のタタキで洗浄力を上げればトラブルが起きる。というこの相反する問題がウェットランドリーシステムの限界点になっています。

 

石油ドライではMA値24で安全確実

石油ドライの洗浄試験で洗浄時間15分、工程時間20分の洗いでMA値はなんと24。30以下の安心洗いで理想的な数値を示していました。

では七種類の人工汚染布で見る洗浄力の結果ではどうでしょうか・・・・汚染布洗浄試験では、機械によるタタキ効果により、水洗の家庭洗濯よりは洗浄値がほぼ上回っていて、やはりプロのドライ洗濯が素人の家庭洗濯には負けていないという当たり前の結果がでています。

 

洗浄力にはあくまでゴシゴシと洗う機械力、タタキ効果が必要です。タタキ効果も機械力もなく、ただの浸け込みだけでは、固形物の汚れなどは落ちません。石油ドライの洗浄試験では10分洗っても20分洗ってもMA値は30以上にならず洗濯物に対する損傷がほとんどないのです。

 

ドライ機ではゴシゴシと機械力やタタキ効果を使って強力に洗うことができます。このことが固形物などの汚れ落ちがいいという結果を招いていると思います。洗浄力という観点から見れば、たたいたりもんだりする機械力は見逃せない重要な要素なのです。

 

水に落としても機械力が無ければ汚れは落ちません。石油ドライで機械力を使って十分でも二十分でも機械力を使いもみこんで洗うことで総合的にドライ洗浄はウェットもみ洗いよりも良く落ちるという結果をこのMA値の実地試験の研究は示しています。

 

MA値について、国立情報学研究所の文献 とウエットクリーニング評価システムでは。

汗の成分と組成

汗の成分と組成

各研究機関の調べでは人体の汗の成分は▽水分98%以上▽塩分0.3%以上▽尿素0.1%▽尿酸・乳酸・アミノ酸等の有機酸やアンモニア・K・CaMg等と言われています。

この結果から汗の成分の98%は水分であり、塩分やタンパク質、アミノ酸等の有機物はわずか2%以下となっています。

 

汗の人工汚染布と洗浄力評価試験について

醤油汚染布について

醤油の原液を付着させた汚染布は洗剤のイオン性に影響されなくドライ溶剤では全く溶解しないので汗の洗浄力評価試験として向いているのではないでしようか。

醤油汚染布は、ドライでは落ちませんが、水ではキレイに落ちて汚染布は真白になります。

 

醤油の成分について 

一般に市販されている醤油の成分を調べると、およそ次の様に▽塩分(食塩)1217%▽固形分(塩以外)1016%▽糖類(甘味)3〜5%▽有機酸(酸味)1〜2%▽アミノ酸(旨味)1〜1.5%の成分になっています。

醤油の成分と汗の成分を分析表により単純に比較してみても、塩分の量で17倍〜27倍、アミノ酸量で60倍〜100倍と醤油の方が圧倒的に濃度が高く、実際の汗の成分の30倍から100倍の濃縮の汚染布試験になります。

 

醤油の黒色は有機酸

醤油の色の変化と塩分の脱落率とは、それぞれ水溶性という点では相関関係はありますが、黒い炉の変化は実際の正確な塩分除去率にはなりません。

なぜなら醤油の色はアミノ酸と有機物の色だからです。汗の臭いの成分と酷似していますので臭いの除去率の判断になりますが、塩分の除去率にはなりません。塩分は白色の結晶体ですから色では判断できません。

 

微量電子天びんによる重量測定

色では判断がつかないとすればやはり重量で判断するしかありません。

電子天びんを使って洗浄前の醤油汚染布の重量を計り、洗浄後の汚染布の重量を差引き塩分の除去率を計算します。勿論、原白布の重量も計り汚染布の重量から差し引き醤油の重量を計測しておくことも必要です。

 

計測前にデシケーター 

デシケーターは、固体、又は液体の試料を乾燥、貯蔵する為に用いられるガラス製の除湿器。醤油汚染布を使って正確に塩分の除去率を計測する為には、汚染布の中に含まれる水分を完全に蒸発除去してから原布や汚染布を測定しなければなりません。

水分の付着によって汚染布の重量に変化があったのでは、判定誤差が発生してしまいます。塩分の重量測定には試験布の水分を完全に除去しなければ正確な数値は求められません。

 

カールフィッシャー微量水分測定、水分と洗浄力

溶剤中の微量水分測定器

洗浄試験中の水分濃度の測定も同時に行なった。グラフはソープ濃度と洗浄率、水分との関係を表したもの。

 水分と洗浄力G

この洗浄試験の結果汗抜き洗剤乾洗王のソープ濃度と水分量が正比例し、水分濃度が増えるに従って醤油汚染布の洗浄力が上っている。1.2%のソープ濃度で水分が約3800PPM、洗浄力が70%を超えている。

 

カールフィッシャー微量水分測定機と精密電子天秤

.\カールフィッシャ

一方、醤油汚染布の固形分重量の変化で見る洗浄力は、洗浄前の原布に付着する醤油の固形分30.9rが洗浄後には26.3r除去されて洗浄力は85%になった。

 

オクタゴン試験、ソープ濃度と洗浄力

200tのビーカーに石油溶剤100tを入れ、オクタゴン回転子でデシケーターに保管した醤油汚染布を投入しガラス板で蓋をして15分間洗浄します。

オクタゴン 

その後汚染布を乾燥し乾燥後デシケーターに保管し、水分を完全に除去した後の汚染布を測定します。

 

この試験で汗抜き洗剤「乾洗王」をそれぞれ0.3%、0.6%、0.9%、0.2%、1.5%と濃度を上げて汚染布を使って反射率を測定しました。

 

 

ソープ濃度と洗浄率 

 

汗の臭いの除去について、重量測定

塩分の洗浄力は醤油の色落ちだけでは正確な判断はできないので、重量分析の試験で除去率を求めます。

 

最初、汚染布の微量の塩分重量を洗浄前洗浄後で測定して、その重量差で塩分の除去率洗浄力を測定する方法を行ないました。

 

次に汚染布に塗布した醤油の水分も完全に取り除いて重量を計ります。重量の誤差を防ぐために、この様な醤油汚染布の測定環境と試験条件で汗抜き洗剤の洗浄試験を行ないました。

  表-2.棒グラフG.jpg

醤油汚染布の固形分重量の変化で見る洗浄力は、洗浄前の原布に付着する醤油の固形分30.9rが洗浄後には26.3r除去されて洗浄力は85%になりました。

 

また、洗浄前と後の反射率で見た洗浄力の70%は、臭いの成分のアミノ酸や有機酸の除去率に関係しているため、汗の臭いの元になる尿酸やタンパク質、アミノ酸を除去した結果がえられた。汗の臭いもドライで除去できるという指標にもなりました。

 

溶剤相対湿度75%について

 

WATER−SOLUBLE SOIL REMOOVAL」 

I F I - FOCUS ON DRYCLEANING  Report

       and A.C.Lloyd-Report  on Sep.1980

 

.IFI -1P25%

 

.IFI-2P25% 

.IFI-3P25%IFI-4P25%

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

全く連 技術情報紙 第30巻第11号 2001年2月号

ドライクリーニングを見直す(2)戸塚計浩氏掲載

 .クリ湿-1P25%

クリ湿-2P25% 

 

EX、危険物データーベース

 

ドライEXは消防庁関係のデーターベースに登録されています。

HP.EX.DB-30%.jpg