営業店の受付研修会が収益のポイント

 営業店のドライ&汗抜き研修会が「単価・売上げ・利益アップの基本戦略」

 地栃木県で行われたのドライクリーニングと汗抜き研修会の写真です。

 ゼンドラ新聞で照会されたクリーニング営業店舗の汗抜き研修会の模様です。

カウンター盾01営業店の活性化、差別化のポイントは他店のまねのできないサービス、メニューを打ち出し、工場でつくられる品質を店舗で価値を上げて販売することだといわれています。

カウンター盾02

 

消費者のクリーニング利用調査によると、近くて、安い、早いの順番になっていて他店との差別化が難しい課題になっていました。どの店舗でも接客や料金が主な違いと受け止められていたのですが・・・・・・・

 

汗抜き研修会01現在の消費不況のなかで、クリーニングの利用者層はホワイトカラー族の中・高所得者層が中心になってきました。料金もさることながら品質についても注文が多くだされています。値段だけでは動かない層の出現です。

 

同じ品質なら安い方へ向かう訳ですが、他にない品質なら多少値段に差があっても内容に納得するものであればちょっと高い料金でも店にだしてくれます。きちんとした身なりがステータスと考えている管理者層です。

 

汗抜き研修会04

段々と不況の影響でクリーニングの需要層が、収入の高い富裕層、ステータス層に軸足が移行してきたといえます。洗い上がり、仕上がりの内容や違いが判るこの層が現在のクリーニング需要の中心になってきています。

 

汗抜き研修会02

 今、全国的に注目を集め利益を飛躍的に上げているのが、「汗抜きクリーニング」です。汗の臭いがとれて、洗い上がりもサッパリさらさらです。特にズボンの汗抜きクリーニングはサラリーマンのパパに絶大な人気商品です。

 

汗抜き研修会03

手ごろな料金で臭いも汗も取れる汗抜きクリーニングが全国で大ヒットしています。この品質の違いを消費者に説明できてはじめて「汗抜き」の付加価値料金が頂けます。利益・収益をあげる営業店の「汗抜き」研修会が全国で行われて成果を上げています。

 

 

 汗抜きドライ採用店の実際の「汗抜き受注点数事例」を照会します。

汗抜き受注例表25%.jpg

 

本文へ戻る。