きれいな洗いの三要素について

品質造りの三要素、項目と詳細は下記へ。

第一要素「溶媒」〜 溶剤管理と液管理

第二要素「機械」〜 たたく力と生産性

第三要素「洗剤」〜 油と水の相乗効果

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きれいな洗いは「溶媒」「機械」「洗剤」の三機能連携システム

 

洗浄の目的は、どんな物からどんな方法でどんな汚れを落すのかということです。被洗物の素材によって@溶媒が選ばれ、溶媒が決まってA洗濯機
(ドライ機か水洗機か)がを選ばれ、被洗物の汚れは何かということでB洗剤がを選ばれます。

 

洗浄の問題は、水洗の場合では溶媒が水ですので油性の汚れの除去。ドライの場合では溶媒が油ですので水溶性の汚れを落すことが洗浄の中心になります。

 

対象となる汚染物質は大まかに分けて三つの組成で構成されています。

 

一つは水に溶ける@水溶性の汚れ。二つ目は油に溶けるA油溶性の汚れ。三つ目は水にも油にも溶けないB無機系の不溶性、固形分の汚れです。

 

汚れはこの水溶性、油性、不溶性無機系の三種の混合物質になっています。汚れを落すには、この洗浄の三要素である溶媒・機械・洗剤を複合的に作用させ、同時に連動させて初めて洗濯・洗浄力の効果が発揮されるわけです。

 

この溶剤・機械・洗剤の三つの特徴機能をどのように連携させて洗うかが洗浄システムのレベルアップには重要です。洗いの品質造りはこの溶媒・機械・洗剤の三要素によってつくられると考えます。