汗抜きクリーニングの品質基準

三つの「汗抜き」品質基準で消費者の満足度100% 汗ぬきシール

 

第一の品質基準   水分が無ければ塩分は取れません

 衣類の「ガバガバ」感は塩分が原因です。この衣類の汗、塩分は水分に浸けるだけで簡単に取れます。汗の除去は塩分の除去が中心になります。ドライでも水分の配合・活用により汗が取れるようになりました。

塩分の除去には水分が必要です

 

 

第二の品質基準  水分が無ければ汗の臭いも取れません

汗の臭いの原因は尿酸やアンモニアなどの有機酸です。汗抜きでは臭いの除去も重要な要素です。汗臭いの原因有機酸は水分で除去できます。醤油汚染布の洗浄試験で臭の除去率が判断できます。

汗の臭いの除去には水分が必要です。

 

 

第三の品質基準  抱水ソープの残留では、サラッと仕上がりません 

汗抜きドライといっても、水洗いした後のようなサラッとさわやかな爽快感が必要です。抱水性ドライソープの残留によって衣類がベト付いたのでは、サラッとしたさっぱり感が喪失してしまいます。

ドライであっても汗抜きクリーニングには「水洗」並みのさっぱりとした洗い上りが必要です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

消費者の納得する汗抜きドライの品質は、

@塩分のガバガバがない。 A汗の臭いがない。 B水洗い並みの洗い上り。

さらさらシール

 

現在の店舗、設備はそのまま、しかも単価、点数も同じで、利益が上がるシステムです。洗剤を変えるだけで考えが変わりクリーニングの経営が変わります。

 

 

 

ドライで事故もなく生産性の上る洗浄方式で、消費者の満足に結びつく品質とリーズナブルな料金体系。この「AQS汗抜き洗浄システム」が今静かなブームとなって、全国各地のクリーニング工場で高い収益と利益を上げています。消費不況をはね返す戦略システムとなっています。

 

本文へ戻る。