沿 革

 

                                              

========== 1964年 (昭和39年) ==========

 創業者の有馬義一は東京目白の中外製薬研究所で「油と水」を安定分散させる界面活性剤のエマルジョン可溶化技術を研究していました。

 

当時は石炭から石油へ原料転換がすすめられており、今日の石油を原料とした合成系界面活性剤の創生期といわれている時期でした。この時に研究していた界面活性剤の研究成果が今日のAMG有馬義の技術の基礎技術となって製品の中にいかされています。                                                                                  

 

========== 1970年 (昭和45年) ==========

  創業者有馬義一はその後同研究所を退職した後、京都市に移り有馬義化学薬品研究所を設立、エマルジョンの可溶化技術の研究を続け、京都の染色業界用の助剤、加工剤を開発、製品の販売を開始しました。

  

 当時の京都の染色業界は絹呉服全盛の時代を誇っていましたが、染色技術に難問もおきていました。当時、天然染料から合成染料への転換によって石油ら合成した染料を数種同時に染色するためにそれぞれの染料が水溶液に混ざりにくく染めムラが起きていました。  

 

 有馬義一の研究した「油と水」を混ぜ合わせる可溶化技術がこの染料溶解に効果を発揮し、均染剤や染料溶解剤が開発されました。こうした商品が京都の染織り業界では有馬義の染色助剤 「AB加工」の商標で広く知られるようになりました。 

                                      

========== 1975年 (昭和50年) ==========

 京呉服、和服の染色助剤をもとに、帯の丸洗い、和服洗い用ドライソープが開発されました。昭和39年中外製薬時代以来のドライソープの完成です。ドライクリーニング用洗剤の開発を期に、有馬義化研鰍ニ法人化しクリーニング業界に販売を開始しました。

 

石油溶剤の中に水溶性の洗剤を入れ縮まないように和服を洗うという考えがドライクリーニング用洗剤のドライEXの原型になっています。その後ろうけつ染めのロウ(油)を水洗で取る洗剤をもとにシャッの油汚れを取る洗剤「油洗王」が開発されました。

                                         

========== 1979年 (昭和54年) ==========

 創業者有馬義一が急逝後、後任に代表取締役有馬フミ子、専務取締役に高田博文が就任し業務を続けることになりました。

                                                                                                       

========== 1980年 (昭和55年) ==========

 京都府向日市の工業地域に洗剤の製造工場(現北工場)を建設し、クリーニング用のミ抜き剤や仕上げ加工剤、撥水加工剤等の製品を開発しました。 

 

 また、洗浄技術の専門誌として全国ドライーEX会報を創刊、第一号を発刊しました。                                

  

========== 1984年 (昭和59年) ==========

 東京都品川区に有馬義の販売会社としてエイエムジー鰍設立しました。

 

 また、京都府向日市東田中瀬に技術開発センターを設立しました。

  センターでは機械機器、自動制御装置、フィルター装置などのクリーニング周辺機の開発、製造を始め、機器装置の設置工事やメンテナンス業務、化学製品と機械置の省力化システムなどを提案、同工事の受注も開始しました。                                

 

========== 1986年 (昭和61年) ==========

 東京都世田谷区にAMGの事務所・社員寮(現世田谷別館)を建設しました。 

                                                              

========== 1991年 (平成03年) ==========

 AMGの役員改選で会長に有馬フミ子、社長に高田博文が就任しました。

 日本クリーニング用洗剤同業会に加盟しました。                                     

 

========== 1993年 (平成05年) ==========

  京都府向日市鶏冠井町に第二工場(現南工場)を建設しました。

 

本南工場に、化学研究室、開発センターの機械装置組み立て部門など業務を集約し、製品の一括配送システムを採用し納品のスピードアップをはかりました。

 

 環境をテーマにパーク用「ポリマー方式排水処理装置」を平成5年度京都府中小企業技術開発資金を受給して開発、製造販売に着手しました。                               

  

========== 1995年 (平成07年) ==========

 中国北京市の合弁事業に参加。台湾、韓国、バングラデッシュ等の東南アジア向けに業務用洗剤、繊維加工剤、助剤および機械装置の輸出を開始しました。

 

また、1998年 (平成10年)には台湾高雄市のクリーニング展示会に出展。韓国、中国等の海外市場の展示会に製品を出展発表して、海外への製品の輸出の増加させました。                              

  

========== 2002年 (平成15年) ==========

 東京都品川区大井7丁目に社屋を購入してAMGの本社業務を集約し、移転しました。

 

========== 2008年 (平成20年) ==========

機能性商品の開発を促進して、高機能低価格の製品「AMGガ−ド」を開発発売しました。

また、付加価値洗浄のAQS新システムの販売研修会を拡充強化しました。

 

========== 2010年 (平成22年) ==========

2010年8月26日〜27日まで上海で開催された、2010中国洗染業展覧会にAMG-Arimagiとして出展、AMGガード加工剤、撥水剤を中心に販売PRしました。

 

========== 2012年 (平成24年) ==========

2012年9月24日〜26日まで上海で開催された、第13回中国国際洗染業展覧会にAMG-Arimagiとして二回目の出展を行い、AMGガード撥水剤の展示販売を行いました。

 

同展示期間中には、中国国内はもとより遠く中近東やインド、マレーシア、香港、台湾、韓国などからも 来場があり、撥水剤の展示即売品を購入していただきました。

 

 

========== 2014年 (平成26年) ==========

業務用の洗剤・加工剤の製品ノウハウをベースに一般家庭用の製品開発をはじめ、OEMブランドでの販売業務を開始しました。業務用の洗剤、務撥水剤が一般消費者でも使われるようになってきました。

 

 

========== 2016年 (平成28年) ==========

1月東京都品川区大井7-30-6にAMGの新社屋が完成致しました。

2月24日新社屋完成披露とお取引先様への感謝の集いの祝賀会を大森東急REIホテルで行いました。また同24日、エイエムジー鰍フ専務取締役に高田和輝が就任致しました。

  

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

機能性商品、制御システム等業務用化学品、撥水剤の製品開発を中心に、海外への製品輸出やPR投資を進めています。油と水を混合・安定分散する技術は業務用から家庭用まで幅広く応用されつつあります。